山登り 初心者 服装

はじめての登山、どんな服装で山に行けばいいの?

「登山が生まれてはじめて」という初心者は、どんな服装で山に行けばいいのか悩んでしまうかもしれませんね。

 

アウトドア用品店に売っている登山用の服はどれも高価ですので、できれば自分が持っている服の中から選べたら安上がりです

 

登山用品もアウトドア系の服も全く持っていないという山登り初心者におすすめなの服装は、ズバリ「ジャージ」です。

 

ジャージは動きやすさや速乾性備えているため、登山にはぴったりなのです。

 

登山を行う服に求められる条件は次のとおりです。

動きやすい

登山はかなり足や腕を動かすスポーツです。動きやすい服装は、怪我や疲労を防ぐのに役立ちます。

 

水に濡れても早く乾く

汗や雨にぬれても乾きやすい服(速乾性のある素材)が適しています。汗や雨で濡れたままの服装で長時間いると体力を消耗し、最悪遭難につながる場合もあります。

 

脱ぎ着しやすい

山の上と下ではかなり気温差がありますし、天候の変化や体を動かすことによって、暑くなったり寒くなったりします。すぐに脱いだり着たりできる格好が便利です。

 

もちろん、普段着のジーパン、Tシャツ、パーカーでも山には登れます。しかし安全性・快適性を考えると、ジャージが優れているのです

 

「そんなダサい服装イヤだ。山でももっとおしゃれしたい!」という女性は、最近は山ガール向けのかわいい服もいろいろ売っているので、そちらを買ってください。ジャージに比べるとお値段は格段にアップしますが、その分かわいさもグンとアップしますので・・・。

 

ちなみに、登山用の服装をなるべく安く購入するなら、こちらのショップがおすすめです。

 

登山用品専門店の好日山荘《公式通販》

 

期間限定セールやアウトレット商品がねらい目です。商品数も非常に多いです。

 

ちなみにジャージの下には、化学繊維のTシャツなどを着るのがよいです(ユニクロのドライシリーズなどがおすすめです)。

 

下着もできれば化学繊維の乾きやすいものにしましょう(なければ綿のものでもOKです)。

 

以上、ここまで説明したのは、初めての登山として、例えば高尾山などのハイキング気分で登れる山に行く際の服装についてです。

 

もっと高い山、例えば富士山や標高2000mを超えるような山、一般的な旅行ガイドブックにハイキングコースとして紹介されていないような山に行く際には、これ以上の服装が必要となってきます。


高い山、少し難易度の高い山に登るときに必要は服装とは?

登山経験はないけれど、富士山などの高い山に登る場合もあるでしょう。そんな時は、先ほど説明した「ジャージ+化学繊維のTシャツ」の服装だけでは、ちょっと危なっかしくなってきます。

 

高い山に行く際に気を付けなければならないのは、気候の変化です。山の麓では晴れていてあたたかく過ごしやすい気候でも、山の上に行けば雨風がビュービュー吹いていて恐ろしく寒い、なんてことはよくあります。

 

一般的に気温は100m上に行けば0.6度下がると言われています。標高2000mの山なら、標高0mの地点に比べておよそ12度も気温が下がるということになります。これは、結構な温度差です。晴れてれば「涼しいな」ぐらいの感覚で済みますが、雨や風が強いと、体感温度はかなり下がって寒くなります。

 

そんな事情から、少し高めの山に行く際には防寒着と雨具が必ず必要となってきます。低い山に行くときでもこれらはぜひとも持って行ってほしいのですが、高い山に行く際には特に重要です。

 

防寒着としては、フリースやセーター、ダウンジャケットなどが良いでしょう。軽くて扱いやすいフリースが特におすすめです。安いフリースジャケットなら、ユニクロやイオンなどで1000円以下で購入できます。

 

また、雨具(雨ガッパ)についてですが、最近では持っている人は少ないかもしれませんね。

 

天気予報で1日中晴れマークの日でも、山の天気は変わりやすく、山頂の天気は雨ということもよくあります。また、雨が降らなくても山の上の風が強くて寒いときにも、雨具は風よけ、ウインドブレーカーとしての役割も果たしてくれます。なので、雨の予報がない日でも、必ず雨具は持っていきましょう。

 

ちなみに、コンビニなどで売られているペラペラのビニールでできた安いカッパは、山の雨風を防ぐという意味ではほとんど意味がありません。アウトドア用のちゃんとした雨具が必要です。

 

雨具を持っていない人は、ちょっと高いですがアウトドア用品店で購入するか、レンタルを利用しましょう。それだけ、雨具というのは登山をするうえでの重要アイテムです。

 

夏に標高2000〜3000mの山で遭難死、というニュースがたまにあります。これは、「ちゃんとした雨具を持っておらず、雨や風にさらされて体力を消耗して動けなくなってしまった」、という理由のことが非常に多いです。気を付けましょう。

はじめから登山用の服をすべて買いそろえる必要はない

登山用として売られている服は、どれもお値段が高いです。登山をこれからずっと続けるかどうかもわからないのに、はじめからそのような高価な服をすべて買いそろえる必要はありません。

 

はじめは手持ちのジャージ&リュックといった服装でもいいですし、レンタルを利用する方法もあります。

 

登山用品レンタルするならどこがおすすめ?

 

登山用品店で売っている登山用の服は、値段が高いだけあって、やはり機能性・デザインともに優れています。山に登ることが楽しいと思えるようになれば、自然とこういった高機能でカッコいい山服が欲しくなります。

 

そのうち冬山登山など難易度の高い登山をするようになったら、下着にもこだわる必要があります。どんな素材のパンツをはいていたかで、遭難したときに助かった人と死んだ人に分かれたという怖い話もあるぐらいですからね・・・。